カナダはトロントから~ようこそケアハウスへ


突然ですが、皆さん、ケアハウスがある豊明市ってどんな所かご存知ですか?
恐らく、知らないし聞いた事も無いという方が多いと多いんではないでしょうか。
しかし『桶狭間(おけはざま)』って・・・と問われたらいかがでしょう。
日本史に触れたことがある方ならピンと来る方がいるかもしれません。『桶狭間』はかつて織田信長と今川義元が戦った場所として知られています。豊明市と名古屋市にまたがる一角を、『桶狭間の古戦場』と言っています。

このように日頃「あ~あ~それなら聞いたことがあるよ」と、そんな経験がおありだと思いますが、実は今回お越しいただいたお客様の出身地でもあるトロントにも、私達日本人がよ~く知っている、そんな名所があります。

『ナイアガラの滝』
もう我々どころか、世界レベルで有名な観光スポットですよね。
地図でご紹介をしてくださいましたが、カナダは南東部、カナダ『トロント』とアメリカ『ニューヨーク州』との国境に位置しているそうです。

「なるほど・・・ポールさんって、そんな遠くから来てくれたのね」
という事で、一緒に遊んでいきましょう。

この企画も今回で6回目を迎えます。
毎度おなじみの、担当の職員による通訳を交えて会はすすんでいきます。


「カナダのトロントってこんなところにあります」
「トロントは大きな都市ですが、バンクーバーが有名です。多くの観光客が訪れます」と。
そうですよね、カナダと聞けば、どちらかと言えばバンクーバーを連想します。
バンクーバーと言えば・・・

あれはかれこれ数十年前、私が釣りキチ少年だった頃、矢口高雄さんの名作『釣りキチ三平』の三平君が、並み居る世界の強敵を相手に、記録的なキングーサーモンを釣り上げた舞台となったのがこのバングーバーでした・・・・・。
(あ~思い出すなぁ)
残り時間もあとわずか、そんな時に三平君のロッドにビッグキングがヒット。苦闘の末、魚紳さんによる谷内坊主(やちぼうず)流取り込み法で何とか無事に仕留めたものの、集計所までは間に合わない・・・。そこで大会委員の高田さんが名誉会長に電話をしてチャーター機を・・・。

三平ファンの皆さん、私の語りたくなる気持ち分かりますよね、ね!この話題なら楽に3時間は語れます。それくらい好きなんです。

ポールさんがバンクーバーなんて言うもんだから・・・つい。まぁこの話題は、またいずれ。

かたやトロントの印象といえば正直なところ、あまり無く、唯一思い出すことと言えば、大リーグのブルージェイズは確か本拠地がトロント、と言うくらいでしょうか。


ところ変わればナンチャラと言いますが、ポールさんから『カナダならでは』という、ちょっと恐ろしい?出来事の話しを聞きました。
それは、度々起こるようで、不思議な交通事故の話し。
何かと言うと、なんとある日突然、道路に直径何十センチもある大木が倒れてきたり、倒れていたりするそうです。
運が悪いと、車に大木が直撃なんて事も。
日本でもあり得る話ですが、あったとしても大雨による土砂崩れが原因でしょうから、気をつければ防ぐことが出来そうです。
しかし原因を聞きましたが、これは防ぎようが無いぞ・・・。(こんな理由で事故しても保険きくのかなぁ)

その理由。何だと思いますか?問題にしちゃいます。

ヒント1.この現象が発生する場所は、おおむね近くに川が流れています。

ヒント2.郊外ではなく、決まって自然が多く残る地域で起こります。
いかがですか?ココで分かった人はカナダ通か、動物通です。

ヒント3.自然豊かなので、いろいろな野生動物がすんでいます。
さぁいかがですか。

ヒント4.大大大ヒント!『××××エアコン』なんていう商品名のエアコンが売っていますwww

正解は








ビーバーさんが原因。
野生のビーバーが、巣作りをするために、沿道の大木に次々と噛り付き、倒してしまうとの事。
かわいらしい容姿と裏腹に、まぁなんと豪放な。悪気が無いのは分かっていますが、カナダって、とんでもない子がウロチョロしてる所なんですね。
こんな事をしちゃうんです。

そんなビーバーってこんな子です。
Google検索”ビーバー”


メイプル(かえで)は国旗やコインにも描かれているほど、カナダにとっては切っても切り離せない存在のようです。
メイプルシロップなんかは、今やどこのスーパーにも売っていますし、カナダの代表的なお土産品にもなっています。
そこで、そんなメイプルをかたどった、カナダの国旗を工作してみようとなりました。

2020年、東京でのオリンピック開催が決まっていますが、次の開催地にトロントが立候補するとか、しないとか。
この機会に、この旗を振って、カナダを応援してみましょうよ!

2枚の型紙に白地のカナダ国旗が書かれています。それに色を塗り、最後に張り合わせて出来上がり。
「カナダの国旗も、日本の国旗と同じで、赤と白の二色になっています」
このようにまじまじと、他国の国旗を見る事は普段ありませんので、
「ふ~ん、なるほど。葉っぱだわ。こういう模様だったのね」
ちょっと新鮮な気分を感じます。確かに同じ2色です。
途中、
「この2枚、紙の大きさが違うよ」
なんてズッコケもありましたが、皆さん無事完成。
  
 


アメリカや、ドイツ、カナダなど。
毎回様々な国からお越しいただき、様々なお話を聞きながら、会話を楽しみます。
するとなんだか、日本と違う多種多様な習慣や自然環境などの文化に触れているような気がしてきて、ちょっとワクワクします。
そういう所で、”住めば都”と生活を送っている方がいると思うと、ただ単純に行って見たいなぁという他に、むしろそんな所で生活するのも楽しいかも・・・みたいな。
きっと毎日に新しい発見や驚き、感動があるんでしょうねぇ。
『プロジェクターで映し出されるトロントの景色、場内に響く本場の英語、冬は-40℃、見たこともない野生の動物』

住人さんにとっても、ちょっと刺激的な体験になったんじゃないでしょうか。

「今度の1泊旅行は、カナダなんてどう?台湾とか韓国は?韓流ドラマ好きなのよ・・・」
「い、い、いいと思います・・・(σ( ^ ω ^´;))」

この記事いかがでしたか?今までに 3 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>