Heidelbergからようこそ

この企画も5回目をむかえます。『外国からのお客様』。
今回は、はるばるドイツのハイデルベルクからハノさんがお越しくださいました。

この企画が立ち上がってから、ハイデルブルクってどんな所だろうと少し調べてみました。
ドイツの真ん中辺り、フランスよりにあります。
画像検索してみたら、何とも美しい所。
Google検索『ハイデルベルク』

山々の緑に囲まれた、石造りのハイデルベルク城がそびえています。

担当職員が、
「今日は、はるばるドイツのハイデルベルクから、ハノさんがお越しくださいました。」
「はじめまして、ハノです。今は日本語の勉強をしています」
「(*^▽^)//”" パチパチ」

毎度の事ですが、ジャパニーズイングリッシュしか話せない私にとって、日本語で話せるとわかると、何ともいえずホッとするのです。

ドイツでは高校を卒業後、大学に入学する前に1年間、社会生活を通じ自らの進路を模索できる自由な期間があるそうです。ハノさんはその期間を使って日本にお見えになりました。
日本の教育制度との違いを垣間見ることができます。

そんなハノさんから、ハイデルベルクってこんな所ですよって紹介してくれました。
創立600年以上の歴史があるハイデルベルグ大学、1500メートルも続く商店街、カトリック派とプロテスタント派両者がともに使っていた教会など。

過去にドイツに旅行で行ったことがあり、今回をとても楽しみにしていた住人さんも、普段は使わない補聴器を持ち出し、
「んん、んん」
と声にならない、うなずきを繰り返していました。
日本もドイツと同じ『物づくり大国』って言われている事もあって、何か親近感が沸くものです。


ハノさんへ
勉強で忙しいところ、わざわざケアハウスにお越しくださり、ありがとうございます。
ハノさんのおかげで、私を含め住人さん達も、ドイツに少し興味がわきましたよ。
途中、事情で私が退席してしまったので、ここでご紹介するはずの写真や内容が寂しくなってしまいました。ごめんなさい。
これから日本で数ヶ月を過ごすそうですが、日本にもドイツ同様沢山良いところがあるでしょう。
いっぱい見て、いっぱい触れて、思い出を作ってください。
ここ日本で将来のご自分に活かせる経験が出来ることを願っています。
Danke schön

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
Dear Hanno

Thank you for coming to Care House Chokusi and sharing your time.
Residents and I are more interested in Germany because of you.
I am so sorry that I could not upload a lot of photo on website because I had to leave for another work and could not take photo for a while.
I have heard that you stay in Japan for over half year more. I believe there are tons of good things in Japan as well as Germany.
I hope that you can make a lot of memory through your life in Japan.
I pray that your experience in Japan enrich your life.

Thank you so much.

Tadachika Doi

この記事いかがでしたか?今までに 1 人の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>