旬を食す!【つくしんぼ】を食べた・・・結果、グラム数千円の肉よりおいしく感じた!

ケアハウスでは先日お出かけツアーで梅を見に行ってきましたが、穏やかな春の温かさを肌で感じるだけでなく、野山や庭先の花々など景色でも春を感じる季節になりました。
今回はそんな春の到来を、【食】で感じる機会がありましたのでご紹介したいと思います。

ケアハウスのある愛知県豊明市は名古屋市に隣接してる土地柄ですが、まだまだ自然がたくさん残っています。田んぼや畑も多くあり、イタチやタヌキを見かけたり、キジの雄たけびを聞くことも珍しくない穏やかなところです。柿畑やブドウ畑、ケアハウスの窓からは梨畑も見えます。

春になれば近所の散歩道も、枯葉色から一斉に新緑色にさま変わりするんですが、そんな新緑の雑草の隙間に、今回の主役であります『土筆(つくし)』が顔を出すのです。

ご近所の方から袋一杯のつくしをいただきました。

「こんなに一杯いいんですか?」
「どこでこんなに採られたんですか?」
「・・・ww」

つくしを採る方にはみんな【秘密の場所】がある様ですww

土付きの新鮮採れたてです。そこで気になるのがつくしにつきものの【はかま】の存在です。

「【はかま】を取りたいんですけど、手伝ってくださいませんか?」
「えーこんないっぱい!どこで採ってきたの?」
「へー、もう出てるの?立派なつくし!」
「あなたが採ってきたの?」
「いえいえ、近所の方がくださいました」
「いいわよ、いいわよ^^」
「明日のお昼ごはんの献立に追加してくださるそうです」

話を聞きつけた入居者の皆さんが続々と集まり、職員も一緒になって、寮母室の前が急場の作業場に。



ちょっと意外なんですが、入居者の方でもつくしを食べたことがない方や【はかま】取りをしたことがない方が多くみえました。

明日の昼ごはんに間に合うのかなと心配でしたが、うわさを聞きつけた入居者の方がぞくぞくと集まり、職員含め16名。

私にいたっては根気がないですし、不器用なので途中でくじけてしまいそうになりましたが、中には「こういうこと、大好き!」という方もいたおかげで、約2時間くらいでしょうか、何とか剥きおえました。

「皆さん、お疲れ様でした」私も含め、皆が背伸び中・・・。

この量!目方を量ったら、2キロちょっとありました。

「あく抜きしなとだめヨ」
「あくなんて取らなくてもいいわよ、つくしは!」
「一晩、水道水にさらすのよ、蛇口は少し開けておくの」
「湯にサッとさらすだけでいいわよ、やりすぎはダメ」

ご家庭の味は様々です。後の調理は厨房さんにお任せしましょう。

「お任せください!!!」

そして翌日。

「作ってみたので味見してください」と厨房さんから内線連絡。
ではお先にちょっと味見をば・・・。

この何ともいえないほろ苦さは、まさに【お・と・な・の・味】。おいしいというよりも、なんかホッとする味ですね。この苦さがつくしのいいところ、ごはんのお供に最高です。

「厨房さん、最高にうまいです!」
「結構たくさんあるから、職員さんの分もあるわよ」
「そうですか・・・」

そうしたら後ろで食事の準備をしていた職員さんが
「えーほんとに!私好きなんです、つくし!!!」

でも厨房さんからは「つくしの大量調理は大変!!湯がいた後にしぼれないもん!!!」
やっぱり量が量だけにちょっと大変だったみたいです。そういわれればちょっと色がね・・・。

皆さんに食べていただけるように、刻んだものも準備をしてくださり、無事食事のお供になりました。

食べなれない方が結構いるんですね、食べたことがない方も、かなりみえました。ちょっとびっくりです。

お好きな方はとても喜んでくださったので、めでたしめでたしと言うことで・・・。

皆さん、春を感じてくれたのかなぁ・・・


追伸・・・
一生懸命、はかま取りを手伝ってくださった入居者様からこんなメッセージをいただきました。

「外出してしまったので食べられないかもとあきらめていたのに、わざわざ取っておいて下さって本当にうれしかったわ。夕食前だったけど早速いただきました。おいしかったわよ」

追、追伸・・・
「色がちょっとね・・・」、という意見があったので、数日後リベンジしました。
(今回は、たまごの色いいでしょっ!)

この記事いかがでしたか?今までに 2 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>