自家製○○計画【第三弾~らっきょう漬け編】その二

らっきょう編その二です。

下ごしらえをして漬け込んだのが4月30日なので、アレから1ヶ月半ほど経過しました。その間、施設長を始め相談員さんや厨房さん達も含め職員で味見と言う名の毒見をしてもらいながら、「(献立に)いつ出そうか?」機会をうかがっていました。

漬け込んでから数日の間は、ねぎ辛さというか、あの特有な辛味がきつくてなかなか食事に出せる状態ではなかったのですが、1ヶ月過ぎた頃から辛さが急に無くなってきたみたいで「オイシー!」という人がちらほら。

実は今回、味付けを5種類作ってみました。
1、塩漬け後甘酢漬け
2、直接甘酢漬け
3、塩漬け後黒酢漬け
4、塩らっきょう漬け
5、塩漬け後甘酢しょうゆ漬け
の5種類です。

その後半月くらい過ぎた先日、下ごしらえを一緒にした入居者の皆さん達と、試食会を行いました。ここで皆さんに意見をもらって、献立に入れる日を決めることにしました。
 

「ほ~黒酢かーー」

一応すべてのらっきょうを食べていただいたんですが、一番人気はダントツ『黒酢漬け』でした。

「これはよく出来てる!」
「辛くないですか?」
「いや、いい味だ!」
「とてもすっぱいね~、黒酢は濃いからね~味が。体にいいし。」

塩漬けせずに甘酢に漬けたものは、多少らっきょう辛さが残っているようなので、皆さんの評価はイマイチでしたが、もう1ヶ月くらい漬け込めば、よい味になりそうです。

反対に不人気が塩らっきょうとしょうゆ漬け。

「これは不味い!!!」
「塩辛いわ~コレ!」
 

個人的にはこの二つが一番好きな味でしたが、皆さんにはどうもイマイチだったようです。
お酒のつまみにもとても合いそうです。
すっぱい味が苦手の方にとっては、文句無しに1人勝ちなんですがね・・・σ(^_^;)

黒酢漬けについては皆さんにお墨付きをいただいたので、
「いつの献立に出せそう?」
「じゃーこの日に出します!お知らせ作っておきます!!」

皆さんがどんな顔して食べてくださるか楽しみです。


追伸・・・ちょっと手前味噌な話になっちゃうんですが、ある日の献立にらっきょうが出ました。
「食べ比べてみませんか?自家製のやつと」となり、

・・・ ・・・

と、ある職員がいつものらっきょうを食べてひと言。
「ん~?なんかコレ混ざり物の味がする!!」
「んーー確かに・・・。わかるような気がする・・・」
いつも普通に食べていたらっきょうが、何かそっけない味に感じます。
「じゃー、いつも食べてたらっきょうって、何の味コレ?」
とわけのわからない感想で、
「苦労して作るだけのことはあるね。ちゃんとらっきょうの味がするもん!!」
と、うれしい言葉。
「でもちょっと皮が口に残るね~、もう一皮むいたほうがよかったんじゃなーい?」

この記事いかがでしたか?今までに 3 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>