ごちファム通信【第9号】さつま芋収穫その2~さっそく味見。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。

ごちファム通信
ごちそうファームも住人さんや地主さんの応援により、私達にはとても良い遊び場となっています。

土に触れ、虫とじゃれあい、実りに歓喜する日々。
『晴耕雨読』という言葉がありますが、晴耕だけですらこんなに心安らぎ落ち着くのに、雨読までしちゃったらどんなに悠々自適な体験が出来るんだろうと、まるで劉備玄徳か諸葛亮孔明になった気分で鍬を振ったことがあります・・・σ( ^ ω ^´;)ハズカシイ

まぁそんな前置きは置いといて、タイトルにあるとおり、今回は先日収穫したさつま芋の味見をしてみました。
収穫は大成功でしたが、肝心なのは味です、味。
畑の管理の大変さを思い知ったこのさつま芋。味が良ければ感激も倍増です。

今回味見したのは、干し芋用として一番期待をしていた3種類のうちの1種類。おそらく安納芋(間違っているかもしれません)じゃないかと思うんですが、ちょっと白っぽいさつま芋。

まずは、干し芋にして見ました。
去年と違って、蒸して切ると中が真っ黄色。干し芋にと用意した芋なので当然ホクホク感0%、その代わり、しっとりまったり感が、けた外れ。

売ってる干し芋もコレに近い色をしているので、期待が膨らみます。
さっそく意気揚々と干したところ厨房さんに、
「こんな温かい時季に干すと、すぐにカビが来るわよ」
「え~(ノД`) ウァァァ・゚・。 。゚」
「そう!もっと寒くなってから干すのよ」
「そう言えば、去年やおととしは、年明けに作っていたなぁσ( ^ ω ^´;)」
大事な芋が、カビだらけになんて、テンションガタ落ちです。出社拒否もあり得るレベル。

あえなく、半日干しで冷蔵庫へ。
でも、そこそこ乾いていたので、食べてみましたが、
「((((;゚Д゚))))ウアアアアアアアア、ウマイ!!!」
切る時につぶれてしまうくらい、やわらかくなっていたので、見た目は悪いですが、大器の片鱗を感じる味は、間違いなく『干し芋』です。

コレなら食事にお出しできるなと喜んでいると、畑仲間の住人さんが、『鬼まん』を持って参上。

第一声が
「いい、この芋!」
お盆に山盛りの『鬼まん』を持って、割烹着姿のまま現れた住人さんも、声のトーンがいつもと違います。
その『鬼まん』に入っている芋の色が、黄色ではなくオレンジ色。とてもきれい。
食べてみましたが、もう言うまでも無く最高です。作り立てなのでホカホカ。

「こんなに簡単に、こんなにおいしい芋が作れるんなら、芋屋がつぶれちゃいますねww」
「この芋はいいわ、甘い!」


芋はまだまだ売るほどあるし、畑にもまだ10本近く残してあるので、干し芋だけじゃ、飽きちゃうなぁ。
何を作ろうかなぁ。

この記事いかがでしたか?今までに 4 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>