各種情報

社会福祉法人勅使会 経営理念

この法人は、社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実・効果的かつ適正に行うこととする。そのために、経営基盤の強化と事業経営の透明性を確保し、福祉サービスの充実を図る。
特に、福祉本来の役割を担うため、利益を施設整備と福祉サービスの充実ならびに人材育成に充てるものとする。

そのことによって利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう援助し、多様な社会的ニーズに対応できる継続性のある社会福祉法人を目指し地域社会に貢献していきたい。


社会福祉法人勅使会 沿革

  • 平成5年5月20日
    • 社会福祉法人 勅使会設立認可
    • 医療法人清水会を母体として設立
  • 平成6年5月2日
    • 特別養護老人ホーム勅使苑(定員80名) 事業開始
    • 老人短期入所事業(10名) 事業開始
    • 老人デイサービスセンター(15名) 事業開始
    • 老人介護支援センター 事業開始
  • 平成7年5月1日
    • 老人居宅介護事業(ホームヘルプ) 事業開始
    • デイサービスの一環として宅配給食 開始
  • 平成11年4月1日
    • 評議員会を設置
  • 平成12年1月17日
    • 軽費老人ホームケアハウス勅使(50名) 事業開始
  • 平成12年1月20日
    • ひまわりの丘デイサービスセンター 事業開始
  • 平成12年4月1日
    • 介護保険の指定施設・事業所として事業経営
    • 介護老人福祉施設、訪問介護、短期入所生活介護、通所介護2ヶ所
    • 公益事業として事業経営
    • 居宅介護支援事業 宅配給食サービス受託事業
  • 平成12年6月4日
    • 理事長 鈴木章央 就任
  • 平成13年6月1日
    • 定款準則により目的等変更・常務理事の設置
  • 平成15年4月1日
    • 公益事業 特定施設施設入居者生活介護 事業開始(ケアハウス勅使)
  • 平成20年7月1日
    • くつかけホーム 事業開始
    • くつかけの家 事業開始
  • 平成24年4月1日
    • 豊明市北部地域包括支援センター 豊明市受託事業
  • 平成25年10月1日
    • 特別養護老人ホーム第二勅使苑(定員50名)事業開始
    • 老人短期入所事業(定員9名)事業開始

私たちの目標

私たちは

  1. 高齢者一人一人の尊厳を守り少しでも自立できるよう援助に努めます。
  2. つねに明るく心をこめて介護にあたります。
  3. 地域住民をはじめ家族ボランティアの皆さんと連携し、開かれた施設を目指します。
  4. 業務上知り得た利用者および家族のプライバシーは、正当な理由なく他にもらしません。
  5. つねに知識の吸収に努め、創意工夫して改善に努力します。

個人情報に関する基本方針

社会福祉法人勅使会(以下「法人」という。)は利用者等の個人情報を適切に取り扱うことは、介護サービスに携わる者の重大な責務と考えます。
法人が保有する利用者等の個人情報に関し、適切な取り扱いに努力するとともに、広く社会からの信頼を得るために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報に関連する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることをここに宣言します。

  1. 個人情報の適切な取得、管理、利用、開示、委託
    1. 個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。
    2. 個人情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人の同意を得ることとします。
    3. 法人が委託する医療・介護関係事業者は、業務の委託にあたり、個人情報保護法と厚生労働省ガイドラインの趣旨を理解し、それに沿った対応を行う事業者を選定し、かつ個人情報に係る契約を締結した上で情報提供し、委託先への適切な監督をします。
  2. 個人情報の安全性確保の措置
    1. 法人は、個人情報の取り組みを全役職員等に周知徹底をさせるために、個人情報に関する規則類を整備し、必要な教育を継続的に行います。
    2. 個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、または毀損の予防及び是正のため、法人内において規則類を整備し、安全対策に努めます。
  3. 個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等への対応
    1. 法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等の申し出がある場合には、速やかに対応します。これらを希望される場合には、各事業所個人情報相談窓口までお問い合わせください。
  4. 苦情の対応
    1. 法人は、個人情報の取り扱いに関する苦情に対し、適切かつ迅速な対応に努めます。

平成17年4月1日 社会福祉法人勅使会 理事長  鈴木章央


個人情報の利用目的

社会福祉法人勅使会では、個人情報保護法及び利用者の権利と尊厳を守り、安全管理の配慮する「個人情報に関する基本方針」の下、ここに利用者の個人情報の「利用目的」を公表します。

利用者への介護サービスの提供に必要な目的

  1. 施設等内部での利用目的
    1. 施設等が利用者等に提供する介護サービス
    2. 介護保険事務
    3. 介護サービスの利用に係る施設等の管理運営事務のうち次のもの
      • 入退所等の管理
      • 会計、経理
      • 介護事故、緊急時等の報告
      • 当該利用者の介護・医療サービスの向上
  2. 他の介護事業者への情報提供を伴う利用目的
    1. 施設等が利用者等に提供する介護サービスのうち
      • 利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)、照会への回答
      • その他の業務委託
      • 利用者の診療等にあたり、外部の医師の意見・助言を求める場合
      • 家族等への心身の状況説明
    2. 介護保険事務のうち
      • 保険事務の委託(一部委託含む)
      • 審査支払機関へのレセプトの提出
      • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
    3. 損害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出等

上記以外の利用目的

  1. 施設等内部での利用に係る利用目的
    1. 施設等の管理運営業務のうち次のもの
      • 介護サービスや業務の維持・改善の基礎資料
      • 施設等において行われる学生等の実習への協力
      • 施設等において行われる事例研究等
  2. 他の事業者等への情報提供に係る利用目的
    1. 施設等の管理運営業務のうち次のもの
      • 外部監査機関、評価機関等への情報提供

なお、あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはいたしません。

平成17年4月1日 社会福祉法人勅使会 理事長  鈴木章央


社会福祉法人勅使会行動計画

社会福祉法人勅使会では、「男女従業員の仕事と生活の調和を支援すること」を経営理念の一つとし、全従業員が安心して仕事に取り組め、その能力を十分に発揮できる職場環境の整備に取り組む。

        
  1. 計画期間 平成29年4月1日~平成32年3月31日 3年間
  2. 計画内容
    • 安心して就業継続できるように、妊娠・出産・育児等を相談できる窓口を法人本部に定める。
    • 育児・介護休業法に基づく休業や育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業や手当等諸制度の周知を図る。
    • 育児休業中の従業者に仕事関係の情報を提供し、円滑な職場復帰を支援する。
    • 介護・育児休暇について、時間単位の取得を可能とする制度を導入する。
    • 年次有給休暇の取得を最低年6日実施する。
    • ノー残業デーを2週間に1日実施する。

平成29年2月8日変更策定


勅使会役員名簿

  • 理事長…鈴 木 章 央
  • 常務理事…岡  清 一
  • 理事
    • 佐 藤  徹
    • 加 藤  誠
    • 横 山 弘 美
    • 池 口 昌 宏
    • 鈴 木 きよ子
  • 監事
    • 杉 浦 正 康
    • 井 戸 田  真

平成28年度決算(第24期)

全ての拠点が、社会福祉事業に該当するため第一号第二様式、第二号第二様式、第三号第二様式を省略する。