ひまわりの丘運動会

『宣誓~我々はスポーツマンシップにのっとり

正々堂々と戦い、勝っても負けても職員を恨むことなく

笑って家に帰ることを誓います。』

やる気と笑い一杯で、今年も運動会が開催されました。

■プログラムナンバー1番
【ラジオ体操】

けががあっては大変です!まずは、体を十分ほぐしましょう。

■プログラムナンバー2番
【綱引き(団体戦)】

といっても大綱を引くわけではありません。
紙紐を互いにくぐらせ1対1で引っ張ります。
切れた方が負け。力の入れ具合と駆け引きの勝負です。
勝った人が多いチームが勝ち。

■プログラムナンバー3番
【スティックサッカー(団体戦)】
棒でボールを順に隣の人に送り、早くゴールを決めたチームが勝ち。

「ムキにならないで~。隣の人に送ってください」
「アレ~、ダイレクトシュートはなしですョ!!」

■プログラムナンバー4番
【応援合戦(職員対抗団体戦)】
白組の出し物はダンス

エグザイルの”ライジングサン”です。どーぞ!!

・・

・・・

華麗なる身のこなし、軽やかなステップ………を想像して下さい。

(/ω゚\)チラッ♪ (*/0\*)イヤァーン♪

いえいえ、決して不良になったカミナリ様ではありませんよ。
歌&ダンスパフォーマンスグループ『エグザイル』です!!

いったいこの人たちはどの職員なのでしょうか。

………そうそう、カツラは参加者の皆さんが作ってくれました。

さて赤組はぐっと懐かしい曲。
コント『高校三年生』です。

 
「にあうわぁ~」、「なつかしーい!」の声にテンションマックス。

ジャジャーン!!!学ランの下は、真っ赤な全身タイツで赤組の勝利を願います。

衝撃の映像のため、シャッターを押す手が鈍ったのか写真がお見せできず残念です。

プログラムナンバー5番
■【玉入れ(団体戦)】
子供の玉入れとはちょっと違います。
なんせ、的のかごが動くんですから。

「ほーら、来た来た!!早く入れて!!!」

ここでちょっと一服。いつもよりよけいに動いているからお腹もペッコペコ。
お昼ごはんがおいしいったらないですね。

午後からは個人競技。その間、順番に一風呂浴びて汗を流します。いつもはお昼寝する人も、
今日ばかりは寝ている場合じゃなさそうです。

■プログラムナンバー6
【ひっぱれラッキーパン】
ひもを引っぱって、当てたお菓子の点数を競います。

懐かしい、駄菓子屋さんのくじみたい。

■プログラムナンバー7 【ねらって!ねらって!ホールインワン】

ボールを転がして点数の高い穴を狙います。ゴルフのコツとボーリングのテクニックが
勝負の分かれ目かしら…。

さあ、これで全競技終了です。結果発表を待つ間、おやつタイムでホッと一息。
おやつは皆さんが引いたラッキーパンゲームのお菓子です。

パンパカパーン!!!
今年の優勝チームは…………

白組で~す!おめでとうございます。

白組の皆さんには金メダルを、惜しくも負けた赤組の皆さんには銀メダル授与いたします。
メダルの文字は職員の思いのこもった字を選びました。

個人競技の優勝者には表彰状が手渡されました。

 
 

「賞状なんて、いつ以来かしら。ホホホッ^^」なんかうれしそう。

最後は皆さんで記念撮影。
くす玉割って、「はい、チーズ!!」

えーっ、くす玉がむこう向いてるーー。


まぁこれもひまわりの丘らしい終わりかも。

皆さんお疲れ様でした。

この記事いかがでしたか?今までに 171 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

ひまわりの丘運動会」への4件のフィードバック

    1. ひまわりの丘デイサービス

      匿名さん、コメントありがとうございます。

      ”参考にさせていただきます”
      お役に立てたみたいで幸いです。
      同業の方でしょうか?
      同業どおしの交流も良いかも!よろしければ、ご連絡お待ちしています。

      返信
  1. みぃ

    初めまして。
    同じようにデイサービスの介護福祉士をしております。
    私のところでは、火曜日に運動会を行います。
    綱引きの内容、参考に行ってみたいと思います。

    返信
    1. 勅使苑 投稿作成者

      みぃさん、コメントありがとうございます。
      今後もいろいろと情報交換できれば光栄です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>