IMG_0193_compressed

オレンジカフェ♪

今回はオレンジカフェの紹介です!
平成28年12月より毎月開催されています(*^u^*)

オレンジカフェは、認知症の方とその家族、地域の皆様、福祉・医療の専門職の方など、どなたでもご参加いただけます!

毎月第3金曜日、14:00~15:30に第2勅使苑1階ロビーで開催しております。

参加費は100円で、飲み物とお菓子付きですので、お気軽にご参加頂けたらと思います(*^u^*)

オレンジカフェでは、小さい頃の思い出、趣味などみなさんで楽しくおしゃべりしたり…

体操をしてみたり…

懐かしい曲を歌ってみたり…

わいわいと時間を過ごして頂けます(*^u^*)

予約など不要ですので、ぜひ覗いてみて下さい!お待ちしております(*^u^*)

この記事いかがでしたか?今までに 25 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。
chokushien2

「福祉の星フォーラム」に参加しました

第二勅使苑の介護職員の川本さんが先日行われた「福祉の星フォーラム」についての記事を寄せてくれました。
以下、彼の記事をご紹介します。

私は昨年12月1日に名古屋国際センターで行われた「福祉の里フォーラム」に参加させて頂きました。

今回の「福祉の里フォーラム」は
第一部ではアナウンサーの町亜聖さんが講師となり
ご本人の10年に渡る母親との介護体験談である
「十年介護~車椅子の母と過ごした奇跡の時間~」のお話をして下さり

第二部ではコーディネーターに渡辺哲雄さんを招き福祉現場で働く仲間、
また福祉現場から離れようとしている方や福祉の仕事に興味のある方へ
「私は福祉現場で働き続きます!」をテーマに高齢、障害、児童分野の若手職員が
現場での率直な疑問や意見をテーマに本音で語り合う場が設けられており

私は第二部の高齢分野として参加しました。


檀上で話す事はあまりないのでとても緊張しましたが、
他施設や他分野の方と意見交換でき、新たな観点から物事を見る機会になりとても参考になりました。

また、町亜聖さんの辛くも楽しかった母親との体験談を聞き、自分の母親がもし脳梗塞や認知症になった時、
彼女のように母親に楽しい思い出を作ってあげる事ができるのか?
そして、今現在施設に入居されている方々に楽しい思い出を作ることが出来ているのか
改めて考える機会を頂いたように思います。
今回学んだ事を職場で生かせるよう今後も日々精進していきたいと思います。

今、日本はどんどん高齢化社会になってきています。
そんな中、施設で働く職員は足りていないのが現状だと思います。

少しでも福祉施設について知って頂き、やりがいのある明るい仕事だという事を
皆様に伝える事のできるとてもいい機会でした。

もし、これから福祉現場で働きたいと思う方がいれば
是非施設を見学して頂き、自分の目で確かめて働いてほしいと思います。
また、機会があれば来年も開催される「福祉の星フォーラム」に是非ご参加下さい。

この記事いかがでしたか?今までに 18 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

勅使苑デイサービスの『勅使デイ新聞』始めます

今日から私たち勅使苑デイサービスも、このブログの仲間入りをする事になりました。
勅使デイの日頃の様子を皆さまにお伝えしたいと思っています。
(-^0^)ガンバリマス~

この記事いかがでしたか?今までに 29 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。