日帰りバス旅行~今年は『なばなの里』


初夏を思わせるようなこの時期は、毎年恒例のバス旅行を企てみんなで遊びに行く事にしています。
昨年から『ケアハウス日帰りバス旅行』が『勅使会日帰りバス旅行』とグレードアップし、
勅使苑
くつかけホーム
第二勅使苑
の皆さんも一緒です。
ご家族様も、ご友人様もまとめて一緒に、出発進行!!!


平成27年5月14日。行先は【なばなの里】です。
夜間のイルミネーションも有名ですが、生き生きとした花の躍動感、色とりどりの花のグラデーションを感じる昼間にこそ【なばなの里】の醍醐味を味わえます。

天気は快晴。
前日までは台風の影響で雨や風が激しくて心配していたんですが、住人さんが作ってくださった『ティッシュのてるてる坊主』の兄弟が力を発揮してくれたおかげ?で、台風一過のすがすがしい陽気となりました。
総勢40人弱のバス旅行。豊明から高速道路でひとっとびです。
職員扮するバスガイドの話しを聞いているうちに、なばなの里が見えてきました。

「少し早いですが昼食を済ませた後、のんびり散策と参りましょう!」

まずは昼食。
ケアハウスでは絶対にお目にかかれないであろう『バーベキュー』です。
気のあった仲間同士でつつく、こんな食事っておいしいですよね。
「しょうがないわね~、私が焼いてあげるから、一生懸命食べてね」
「食べるばっかりで、すいません。お手伝いしますから・・・」
「いいの、いいの、大丈夫。載せるだけじゃダメなのよwwwほらほら、早く食べなきゃ。焦げちゃうからwww」
「いただきま~すσ( ^ ω ^´;)」
 
 
オーダーも可能なので、サラダやちょっとしたおつまみを注文する方もちらほら。

のんびりと食事を済ませ、散策に出かけます。
ここの見所に、ベゴニアガーデンとバラ園があります。
バラっていろんな品種があるんですね、『プリンセスなんちゃら』や『プリンスなんちゃら』など。
そんな名前から想像を膨らまし会話をする光景がとても楽しげでした。
 

ベゴニアガーデンのカフェで、ベゴニアに囲まれ休憩します。
腰をかけて分かる事ですが、意外と疲れていることに気が付きます。
知らず知らず満開の花につられ、疲れを忘れて歩いているんだと感じます。

皆さんお土産は買えたようですね。
リフレッシュした気分もお土産に、じゃーボチボチ帰りましょうか。
 

数箇所立ち寄るのがここ数年のバス旅行ですが、今年はここで『食事も』、『散歩も』、『お土産も』、なので、あせる事もなく気楽に皆さん過ごせたみたい。
園内はフラットで身障用トイレもたくさんあるのも楽しく過ごせた理由のひとつでしょう。
一緒に参加されたご家族様も喜んでくださった様で、同行した介護士や看護師もそんな皆さんと一緒に楽しみました。

無事終わると考えるのが、
「来年は何処に行こうか???」
と言う事。
「~狩り?~体験?ん~なかなかいいじゃん!」


今回のベストショットはこちら!


私たちのように団体の方向けに、なばなの里ではちょっとお得な【団体特別セット】というプランがあります。
団体特別セット(なばなの里オフィシャルサイト):http://www.nagashima-onsen.co.jp/page.jsp?id=2173

この記事いかがでしたか?今までに 13 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>