月々に月見る月は多けれど

今夜はお月見会。数少ない夜のお楽しみ。

毎年中秋の名月にあわせてお月見会をひらきます。

月見と言えば、栗名月や芋名月と言われ秋の実りが待たれますよね。
私たちも月より団子とばかりに、皆さんで月見団子作りをします。

「月見団子作りのお手伝い募集!!」の貼紙をすると、腕におぼえがある方々が、割ぽう着と姉さんかぶりで集まってくださいました。

 

今回の団子は「とうふ」入り。高齢者でも食べやすい物をと栄養士さんが考えてくれました。
レシピはこのブログ【元気印のおいしいレシピ】のお月見団子で公開中!

栄養士さんから作り方を教わりながら、粉がみるみるうちに団子になっていきます。

「なんか、形が違わない?」

「そっちの大きいわねぇ」

「これは小さすぎない?」

わいわい、キャーキャーとまるで女学校の家庭科みたいです。

 

お月見会に出すとなると、味も確かめないとね!!

みたらしのタレを作ってみなで試食。

”う~ん、おいしい。これならばっちり。”

 

さて、夕方。秋の日は、つるべ落としと言うように、すっかり夕暮れ

まぁ今年も良い月夜です。

夕食が済んだ方から、隣のデイルームとテラスにしつらえた『お月見コーナー』にご案内。

お昼間、皆さんが作ったお月見団子とお茶を片手に、名月を愛でます。初秋の風も心地よいですね。

地方行事『お月見どろぼう』にちなんで、ちょっとしたお菓子としおりをお土産に。

 

今宵は十三夜。まだまだ月の見ごろは続きます。

この記事いかがでしたか?今までに 9 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>