一泊旅行に行ってきました

秋といえば読書の秋、食欲の秋、実りの秋などいろいろありますが、今回は、行楽の秋ということで旅行についてです。

ケアハウス勅使では毎年秋の行楽シーズンに合わせて参加者を募って一泊旅行に出かけます。
せっかく行くなら大勢で!大きなバスで!ということで、数年前から 日頃お付き合いのある他のケアハウスさんと一緒に合同企画としてお出かけするようになりました。

今回参加されたケアハウスさんは、
ケアハウス ゴジカラ村さん、
ケアハウス聚楽(じゅらく)さん、
ケアハウスふじの郷さん、
と私たちケアハウス勅使の4つのケアハウスです。
総勢20名(入居者さん14名職員6名)の方が集まりました。今回の行先は三重県鳥羽・伊勢”伊勢神宮~参拝の旅”です。

今回チャーターしたバスはこれ!ハンドルさばきもさることながら、マイクさばきも華麗な運転手さんが操る、レモンイエローの観光バス・・・
完璧です!

 

途中、松坂に立ち寄り休憩し、ここでこんなものを食べました。

『 ・ ・ ・肉?』何度読み直しても”肉”です。”内”ではありません。しかもみそ味・・・。
この看板を見て食べずに帰ると、一生後悔すると思いましたので、当然ですが食べました。
噛めば噛むほど味が出るソフトクリーム・・・。

もう一度食べてみたくなる味です。皆さんも一度お試しください。皆さん絶賛しておりました。

実は勅使の参加者6名が、一列に並んで一心不乱にこれを食べている写真があるんですが、 あまりにも面白すぎるためその写真は載せることができません。怒られそうです・・・。
(この記事を書いている今も、パソコンの画面に”思いだし笑い”をしている私の顔が反射して写っていますww。)

今回の宿は鳥羽市にあるホテルです。
高台にあるため部屋からは海が一望できるとても雰囲気の良いホテルです。


これは夕食時の風景ですが、夕食時には支配人さんからのご挨拶もあり最後までとてもよい雰囲気のまま過ごすことができました。温泉も気持ちよかったです。

支配人さんはじめスタッフの皆様、ほんとにお世話になりました。またいつか、鳥羽に赴くことになった際はお世話になりたいと思います。ありがとうございました。

それとホテルの横に”メダカの学校”と称したメダカの池がありました。


皆でぞろぞろ歩いて見に行ってきました。
流れる水の音・・・
覗き込みたくなるような適度な深み・・・
メダカの群れに混ざって、ところどころに見え隠れするイモリやカエル・・・。
時間を忘れて見入ってしまったほど、安らぎを感じる不思議な空間です。

2日目・・・幸い昨日のお酒が原因でちょっと・・・という方も見えず、一路”二見ヶ浦”へ。
私たち愛知県人にとって”二見ヶ浦”の夫婦岩はとても有名です。皆さん一度は訪れたことがあるようでした。

夫婦岩を眺めながら、頭をなでると”若返る”という噂のカエルを”なでなで”しながら散策です。

”なでなで”しすぎてカエルの頭が光っちゃってますネ・・・^^。

この後向かったのが今回の旅の終わりを締めくくるにふさわしいメインイベント”伊勢神宮参拝”です。
今回参加した多くの方は、やはりここがオメアテでしたので、自然と職員も案内に力が入ります。
五十鈴橋から本宮までの道のりがかなり長く、しかも玉砂利の道が続いているため、本宮参拝をあきらめていた方がいたようですが、無事に全員が参拝できました。
各ハウスの職員様および参加者の皆様、ほんとにお疲れ様でした。
来年も一緒に行きましょうね。



今回のベストショットはこちら。


『伊勢神宮参拝を予定されている皆様に』

足が不自由な方と一緒に参拝を予定してる方にちょっとだけアドバイスです。
足の不自由な方のために砂利の参道でも楽に押せる特殊な車いすを借りることができます。ただし、台数に限りがあり、予約はできませんでした。
(上の写真で皆さんが乗っている車いすがそれです。砂利道でも楽に押せますし乗り心地も良いようです)
今回私たちが現地に到着したのが午前10時頃と早かったため3台借りることができましたが、午後は参拝者がとても多いので、車いすを借りる予定がある方は午前中がお勧めです。

この記事いかがでしたか?今までに 3 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事