桜を見に行ってきたよ!めったにないチャンスだからご飯も食べてきちゃったよ!

毎年言っているような気がしますが、花見企画は大変です。というより難しいです。桜がいつ咲くのかわからないので。

毎年3月にはいると、ニュースを見て桜の開花予想を調べます。ただ今年は例年より早いとか、遅いとか、様々な情報が飛び交っていたので、なかなかいつ行ったらいいのか予定が組めませんでした。

ですが今回のお花見は「誰が決めたの!!」と聞きたくなるくらい桜が満開、おまけに花びらがそよ風に舞い散る最高のお花見になりました。
今回の日取りを決めた担当者に敬意を感じながら様子をお伝えしたいと思います。

例年は比較的近場のお花見スポットにお出かけしていましたが、「前に行ったところでしょ・・・・・」という声があったので、今年はちょっと遠出をしてみました。ちょっと遠いし時間もかかるので、ついでに【食事】付きのプチ旅行のような企画になりました。

4月4日、出かけた先は、東海市の【大池公園】と大府市の【げんきの郷】です。
ケアハウスからはいずれも車で30分~40分、当日は花見シーズン真っ只中でしたのでもう少しかかりましたが、大池公園でお花見の後、げんきの郷で昼食の予定としました。

「お花見の時はすごい人よ~、家族づれがお弁当持参で大勢来ます」と売店の方が言っていたように、たくさんの方がお花見を楽しんでいました。
「ベンチはあるけど、きっとあてに出来ないよね、座る場所も確保しなきゃ!」と椅子と車椅子をたくさん持っていったのが幸いして、
「桜もきれいだし、風も気持ちいいわねぇ」と良い場所で休憩できました。

満開の桜の中を飛び交うヒヨドリが花に触れるたびにヒラヒラ花びらが舞い散ります。
覆いかぶさる桜の木陰なので日陰ですが、この日は暑かったのでまたそれが気持ちいい。(後日調べたら、この日は気温24℃だったみたいです)

池の周りの遊歩道を散歩する人、
「はい、これ」と何処で買ってきたのか【みたらし団子】を配っている方、
桜そっちのけで、動き回るポニーの写真撮影に悪戦苦闘している方、
桜の下で目を閉じて「今年も桜を見れたわ」と春の暖かさをかみ締める方、
皆さん自由です。

「ぼちぼちお腹がすいたので、ご飯を食べに行きましょうか!」
っとその前に記念写真。

次に向かったのが、【げんきの郷】。

レストランや、お惣菜屋さん、パン屋さん、そのほか屋台などたくさんあるので、何処で何を食べようか、皆さん色々悩んでいたようです。いろんな場所で別れて食べてもいいように、職員も多めに来ているので大丈夫。
「きっと混むよね」という予想通り駐車場はほぼ満車、あえて、お昼の時間帯をずらして来たんですが、それでもこの状態です。
まぁ、この陽気なら諦めがつきます。

で、私はレストランに同行。皆さん思い思いにお好きなものを注文します。空席がなかったので、10分ほど待ったのでよけいにお腹ペコペコです。

お腹が満足したので、お買い物したり、日向ぼっこをしたり、タバコをすったり、ウィンドウショッピングをしたり、・・・・。

帰りの車中は皆さん疲れと満腹のせいで、口数が極端に減るんですが、「運転手は寝ちゃだめだぞ!!!」と激に励まされながら、無事帰って来ました。

皆さんお疲れ様でした。


体の不自由な方と大池公園にお出かけ予定の方へ

今回初めてこちらに出かけたんですが、とても良い印象を持ちました。
身障者用のトイレがあるのはもちろんですが、駐車場が多いので助かりました。大きな公園なので複数駐車場があります。それに交通整理の担当者さんもいる(お花見シーズンだけかな…)のでスムーズに駐車できました。
あと、多少公園内に高低差がありますが、このロケーションならばそれほど苦になりません。
それと、地に座れる方なら問題ないですが、椅子が必要な方は持参したほうがいいですね。
ポニーやヤギ、ウサギなんかも飼われているので、見ていてあきません。
小さいですが売店というか喫茶コーナーがあります。温かい飲み物やペットボトルのお茶などが買えますし、椅子も少しあるので座っていただくことも出来ます。
道を隔てたところにコンビニの建物も見えるので、何かと便利そうです。


今回おじゃました所
大池公園:大池公園(東海市公式サイトが開きます)
げんきの郷:JAあぐりタウン【げんきの郷】

この記事いかがでしたか?今までに 2 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>