自家製○○計画【第七弾~干し芋編】その一

去年も干し芋を作りましたが、なかなか上手に出来なかったので、はっきり言っていい思い出がありません。
それでも、今回は去年の二の舞は勘弁と、再チャレンジいたします。
正直なところ失敗続きでしたので、いつかリベンジしようとこの時をずっと待っておりました。

あれからいろいろ調べました。
ネットの情報や、入居者さんの知恵、八百屋さんの情報。
そうしたら、どうも茨城県が干し芋で有名だそうで、全国シェア99%なんていうくらい、茨城県にとっては切っても切れない存在だという事がわかりました。99%って、干し芋=茨城県って言っちゃってもいいくらいですよね。
こんなサイトも見つけました。

ほしいもいばらき | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト):
http://www.ibarakiguide.jp/seasons/hoshiimo.html

そこで八百屋さんに相談。
「何とかしてみます!」
という言葉に期待しながら数日・・・
そしたら届きました。それがこれ。

 

見るからにただ者ではないこの異質感。オーラさえ感じるこのいでたち。
「( °Д°) オオオオオオオ!!これか~」
白いさつまいもなんて始めて見ました。
品種の名前はなんていってたかな~。八百屋さんが教えてくれたんですが、ちょっとど忘れ。

私たちの無理なお願いにもイヤと言わずお付き合いしてくださった八百屋さんのご主人です。

以前らっきょうを購入した時は、「きれいにヒゲを剃ってこればよかったなぁ」と撮影出来ませんでしたので。


「お試しで、少しだけ作ってみようか?」
と栄養士さん。

そして、数日後。
「作ってみました!」
3~4日前に干したものだそうで、まだ完成ではありませんが、皆で食べてみました。その干し芋の写真がこれ。

見た感じからして、ツヤツヤしていておいしそう。モッチリ感が伝わります。
実際食べてみた感想ですが、普通のサツマイモで作った干し芋の食感とはまるで違います。瞬間的に本物だとわかる歯ざわりです。
味も明らかに、
「干し芋ーーーー!」としています。

「あと2~3日後がいい感じかしら」
ん~楽しみだ、うんうん。

「試食は大事だけど、まだ芋残ってるよねwww」
「ありますよ、ちゃんと!www」
入居者の皆さんが、何と言って下さるか楽しみです。

この記事いかがでしたか?今までに 4 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>