効果は省エネだけじゃなかった!緑のカーテン~その一

昨年の東北大震災以来、日本中で復興に向け様々な取り組みが始まりました。
そういった情勢の中で私たちでも何かできないか?ということで節電について取り組んでみようと考えました。

私たちが住んでいる愛知県は中部電力なのですが、私たちが節電する事によって融通が利く電力をふやすことができます。

節電は誰にでもできる被災地支援ですし、地球の環境保護にもなるでしょう。小さな事かもしれませんがとても大事なことですよね。

去年のこと~
できることからやってみようということで、テレビや雑誌で評判だった『緑のカーテン』を作ってみようと始めました。
さて、何を植えようか?と悩んだんですが、その前にどこに植えよう?となり、職員みんなが・・・(゚_゚i)タラー・・・「どうしよう?」

でも断念したくないので、思い切って植え込みの木を抜いてそこに植えることに…。
この場所は1階事務所の前なんですが、事務所の東壁ほぼ全面がガラス張りのため、午前中は温室状態…。
数年前から、よしずを立ててしのいでいたので丁度良かったのかもしれません。

ゴーヤ、朝顔、いろいろあるけど、さて何を植えよう…?

悩んだ末に、やっぱりゴーヤと朝顔に決定^^というよりも、この二つしか思いつきませんでした。ww

そんなこんなで去年は隙間だらけの『緑のカーテン』になってしまったんですが、不思議に隙間だらけにもかかわらず、よしずを立てるよりも効果があったみたいです。

効果については、こちらのサイトにわかりやすく掲載されてます。
緑のカーテン(つる性植物による省エネ効果)/中部電力様サイト

省エネ目的で作った『緑のカーテン』ですが、効果は省エネだけではありませんでした。
以前はどこのお宅でも庭先に棚を作り朝顔などのつる植物を植え、涼をとり風情を楽しむ習慣がありました。
ケアハウスのような集合住宅では大きな庭はありません。このような風情をめでる方たちにとって壁一面に咲く朝顔の花は癒しになっていたようです。
ゴーヤのほうはうれしい実りも。上手に育てることができなかったので数本だけでしたが、昼食の献立に特別追加メニューとして、ゴーヤチャンプルーを出すこともできました。
入居者の方やデイサービスに来られる方々に、上手に育てるコツを教えていただくこともあり、私たち職員と利用者皆さんとの新たな交流が生まれる、なんていう効果もありました。

今年も、もうすぐ暑い夏がやってきます。『緑のカーテン』意外と楽しいですよ。

もちろん今年も『緑のカーテン』作り、がんばります。(^_^)v

この記事いかがでしたか?今までに 1 人の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>