ごちファム通信【第14号】~大きな『ひまわり』

ごちファム通信
久しぶりのごちファム通信。ケアハウスの畑の様子を綴るコーナーです。
ひとまず植えの作業は一段落したので、最近は草取りが主ですが、ここ数日の炎天下のおかげで、作業がなかなか進みません。
夕方をねらって行くようにしてますが、30分も外にいると顔は真っ赤。
汗が止まらず、2リットルのお茶もあっという間になくなります。
狭い畑と思うときもありますが、このときばかりは広く感じてしまいます。

さてタイトルのひまわりです。
畑の隅に一本だけ植えたひまわりが、ぐんぐん生長しました。
あっという間に身長を超え、
「蕾(つぼみ)はついてるのかなぁ(`・ω・´)?」
と、見えるはずもない樹冠を下から仰ぎ見ること数日・・・。

「昨日咲いてましたよ」
と、職員から報告。
 
花の大きさは、さほどではないにしろ、これだけの背丈のひまわりはちょっと見たことないなぁと。

そこで、興味本位で高さを測ってみることにしました。
この脚立もそこそこ大きいものですが、その上に立ってやっと届く高さです。
「お~」
3m60cm。

幹の一部が木質化しちゃってます。

30年位前に『豊明市の花』がひまわりなのにちなんで、豊明市?が【ひまわりコンクール】と銘打って、花の大きさ部門、背丈部門など競うコンテストが開かれていました。
現在は行っているかは知りませんが、この高さならそれなりにいい成績をもらえたかも知れません。

ちなみに、今回覚えた事がひとつ。
ひまわりは、お日様の方角を向いて咲くのはご存知だと思いますが、一日中お日様が当たる場所のひまわりは、さてどの方角を向いて咲くでしょうか?
建物に隣接している様な場所に植えると明るい方角を向いて咲くと思いますが・・・

答えは東。
このひまわりも一日中日が当たる場所にいますが、東を向いて咲いています。
ひまわりは、夕日よりも朝日がお好みみたいですね。

きれいなひまわりの花を見たいなと思ったら、植える時に方角や明るさを考えないと、
「花の背中しか見えないじゃ~ん」
なんてことになるから気を付けましょうね。


ただいまの畑の様子は、さつま芋、枝豆、里芋、わけぎ、しょうが、青シソ、ひょうたんが育っています。
 
 
 

この記事いかがでしたか?今までに 3 人 の方が『見たよコール』をしてくれました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>