ホームページを見るときに使える便利機能あれこれ

ホームページを見るときに役立つ、意外と知らない便利な機能を紹介してみようと思います。

「このホームページ、字が小さくて読みにくいわ・・・」
「調べたい内容が、どこに書いてあるのか・・・」
「ページの一番下に書いてある記事が読みたいんだけど・・・」

こんなことがキーボードを使うと簡単に解決します。特に難しい操作は必要ないのでお手軽です。
そこで今回ご存知の方も多いと思いますが、簡単にご紹介いたします。

文字を拡大する

【Ctrl】+【マウスホイールをくるくる】、または【Ctrl】+【+】や【-】
元に戻すときは【Ctrl】+【0】

【Ctrl】キーを押しながらマウスホイールをくるくる回してみてください。マウスにくるくる回す部分がついていない場合は、【+】や【-】を押してみてください。

『ぱ』と『ば』、『ぷ』と『ぶ』、『I』と『l』、『ー』と『=』や、『’』と『”』などは区別がつきにくく分かりにくいので、つい目を細めてしまいます。
最近のパソコンモニターは解像度が高いので、ホームページ内の文字が小さく見えてしまい、なおさらです。
この方法ですと、かなり大きく拡大できるのでとても便利です。老眼気味の私にとっても、とてもありがたい機能ですね。

この機能は、このホームページに限らず他のサイトでも使えるのでおススメです。

ページ内検索

【F3】を押す

これは文字数が多いページで、どこに目的の内容が書いてあるか探す時に便利な機能です。

たとえば、グーグルやヤフーで検索して目的のページが出てきた時に、とても文字数が多くて縦になが~いページが出てきたとします。そのページの中で目的の情報が書いてある場所を探さなくてはいけないんですが、普通は「え~、上から全部読まなくちゃいけないの?」となりますよね?
そんな膨大な情報量でも、この検索機能を使えば目的の場所に瞬時に移動できます。

この検索機能を使うときは、【F3】を押してみてください。(キーボードの一番上に【F1】~【F12】のキーが並んでいると思いますが、その中の【F3】です。)
ブラウザの下や上に文字を入力するフォームが出てくると思います。そこに探し出したいキーワードを入力すると、そのページ内でキーワードが使われている箇所がピックアップされます。

例えば、今【F3】を押してみてください。そしてそのフォームに、『文字数が多いページ』と入力してみてください。入力したキーワードが反転文字に変わるなどして、簡単に見つけることができると思います。

この機能も使い慣れると、とてもよく使う便利な機能です。
(ただしこの機能は、画像として表示している文字には反応しません。ちなみにこのブログの一番上の看板に書いてある『あれこれ畑』は画像の文字なので反応しません。)

最新情報に更新

【F5】を押す

ひょっとしたら今見ているページは、前回表示された内容がそのまま表示されているだけで、最新の内容ではないかもしれません。
新しい記事が投稿されている場合もあるので、この機能を使えば現在の最新情報を表示することができます。

この機能は、右クリックしたときに機能の一覧が出てくると思いますが、インターネットエクスプローラーの場合は【最新の情報に更新】、FireFoxの場合は【更新】、クロームの場合は【再読み込み】などの機能と同一のものです。

ページの先頭に移動

【Home】を押す

縦に長いページがあるとします。
例えば、こんなページ『私たち勅使会公式サイトの『各種情報』ページ』。
実際はもっと長いページに出くわすことがありますが、下のほうの情報を見た後、ページの上にある別のメニューをクリックしたくなった時、メニューの場所に移動するために、延々とマウスホイールをくるくる回している方はいませんか?そんなときは、この【Home】を押してみてください。一瞬でページの先頭に移動できます。

ボタンの場所はそのパソコンによって違うので一概に言えませんが、だいたいキーボードの右のほうにあります。矢印キーが共通キーになっている場合もあります。

逆にページの最下部に移動したいときは【End】を押します。【Home】キーの近くにあると思います。

前のページに戻る、次のページに戻る

【Alt】+【←】、【Alt】+【→】を押す

この機能は、普段皆さんが行っている前のページに戻る時に、左上にある矢印をクリックしていると思うのですが、これをキーボードで行うとこうなります。

全画面表示

【F11】を押す

ホームページを画面いっぱいで見たいときに使います。押すたびに全画面表示とウインドウ表示を切りけることができます。

⇐『見たよ』をクリックしてくださると、私たち職員はとっても♪ヽ(*´∀`)ノ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>